薬味と効能

納豆や豆腐にはつきものの薬味。美味しさを際立たせる他にも体にうれしい効能がいっぱい。気になる薬味をプラスしてお口にも体にもおいしくどうぞ。

たまご
牛乳や大豆と同じように栄養素のバランスがよい食品です。卵黄はビタミンA、B2、Dの他に鉄なども含んでいます。納豆と卵を一緒に摂取することでさらにバランスの良い食品になります。
ねぎ
関東で主流の白ネギ、関西で主流のワケギやアサツキなど、どちらもツンとくるネギ特有のいい香りは納豆とよく合います。 においの主成分である硫化アリルはビタミンB2、B1の吸収を促進します。
しょうが
殺菌作用や胃液の分泌促進の働きがあるといわれており、古くから漢方や香辛料としてもよく使われていました。 納豆のにおいをやわらげ、食べやすくすることができます。
しそ
納豆にはないビタミンAが含まれている上、ビタミン CやB群も含まれています。しそには、殺菌効果や防腐作用があるといわれています。
ごま
ごまは小さな実ですが、その中には蛋白質やカルシウム、ビタミンB1、B2、鉄分などが含まれています。ごまの香ばしい香りが楽しめます。
梅干し
昔から食あたりの予防に親しまれた梅干しは、香りもよく納豆のにおいをひかえめにしてくれます。塩分があるのでしょうゆやタレをひかえれば、いつもとひと味違った納豆の味をご賞味していただけます。
削り節
魚にはイノシン酸という旨味成分が含まれており、納豆中に含まれている旨味成分のグルタミン酸と2つが交ざり合うことでコクのある旨味が増加します。
ちりめんじゃこ
骨を丈夫にしたいとお望みの方々に人気のちりめんじゃこ。 納豆に含まれるカルシウムと合わせて食べれば更に多くの摂取が期待できます。
もっとよく知る
  • 納豆の栄養価
  • 豆腐の栄養価
  • 納豆はコレステロール0
  • 薬味と効能
  • 納豆工場見学ツアー
  • 納豆博物館見学ツアー
  • こども研究室
  • 80周年スペシャルコンテンツ おかめのこだわり
  • おかめレシピ