納豆はコレステロール0

外食とコレステロールの関係
料理ジャンルを毎日変えましょう。コレステロールや飽和脂肪酸が多い食品を覚えておくことも大事です。
料理のジャンルを毎日変えてみよう。迷ったら、和定食がベスト。
和定食は栄養バランスにすぐれる。主菜は青魚がおすすめ。 外食は高カロリー、高脂肪のメニューが多く、野菜や豆製品、海藻類が不足しがちです。そのため、コレステロール値や中性脂肪値が高い人は、メニューの選び方を工夫する必要があります。
働き盛りの男性のなかには、行きつけの店が決まっていて、そこで毎日同じような料理を選ぶ人がいますが、このような外食では、栄養が糖質と脂肪に偏りがちです。
栄養バランスを上手にとるには、外食ごとに料理ジャンルを変化させるのがよい方法です。よく「和食がよい」と言われますが、和食にも脂肪過多の料理は多く、また、同じジャンルの食事を続けると、食材や調理法が似たものになりがちです。
よって、料理ジャンルを和食→洋食→中華などの順番で、外食のたびに変えれば、栄養バランスがとりやすくなり、食の楽しみも広がります。
メニューを選ぶ際には、丼物やめん類などの単品料理を避け、品数の多い定食を選びましょう。とくに、めん類とご飯のセットは、糖質と脂質が中心なので、頻度を減らしたいものです。また、揚げ物はひかえめにし、脂肪分が浮いているラーメンのスープなどは残しましょう。
コレステロールの高い人が頻繁に取るのをひかえたい食品とは?
脂質異常症と診断されたら、たとえ好物であっても、コレステロールが多い食品やコレステロール値を上げる食品は、食べる回数を減らすようにしましょう。また、中性脂肪を増やす食品(脂質・糖質)も、肥満につながりやすく、善玉のHDLコレステロールを減少させるので、注意が必要です。
食べ物
  • ケーキ・アイスクリーム・ドーナッツ(コレステロール・飽和脂肪酸・糖質が多い)
  • 菓子パン(コレステロール・飽和脂肪酸・糖質が多い)
  • カステラ(コレステロール・糖質が多い)
  • あんまん・肉まん(飽和脂肪酸・糖質が多い)
  • 牛乳や砂糖が多めに入ったミルクチョコレート(糖質/カカオポリフェノールの効力は弱くなる)
  • ラーメン(飽和脂肪酸・糖質が多い)
  • フライドチキン・鶏の唐揚げ(コレステロール・飽和脂肪酸が多い)
  • 焼き餃子(飽和脂肪酸が多い)
  • 春巻き(飽和脂肪酸が多い)
  • レバニラ炒め(コレステロールが多い)
  • もつ煮込み(コレステロールが多い)
  • しらす干し(コレステロール・塩分が多い)
  • 塩辛(コレステロール・塩分が多い)
  • 佃煮(コレステロール・塩分が多い)
  • ハンバーグ・肉団子(飽和脂肪酸が多い)
  • うにやイクラがのった海鮮丼(コレステロール・糖質が多い)
  • マヨネーズをたっぷり使ったポテトサラダ・マカロニサラダ(コレステロール・糖質が多い)
  • オムレツやだし巻き卵(コレステロールが多い) など
飲み物
  • 缶コーヒー(砂糖入りは高カロリー飲料)
  • 果汁100%ジュース
    (濃縮還元で砂糖が含まれる場合が多く、果物に含まれている果糖だけでなく、砂糖もとることになる)
  • スポーツドリンク(健康によいと思われがちだが、砂糖の含有量も意外に多い)
  • 清涼飲料水(砂糖が多い。中性脂肪を増やすことになる)など
もっとよく知る
  • 納豆の栄養価
  • 豆腐の栄養価
  • 納豆はコレステロール0
    • コレステロールって何?
    • 血液とコレステロールの関係とは?
    • 「悪玉」コレステロールと「善玉」コレステロール
    • 酸化LDLが危険度を増す!
    • 自分の身体は自分で守ろう!
    • 外食とコレステロールの関係
    • 大豆ってすごい
    • 納豆ってすごい
    • コレステロール値コントロール
    • 納豆低コレメニュー
  • 薬味と効能
  • 納豆工場見学ツアー
  • 納豆博物館見学ツアー
  • こども研究室
  • 80周年スペシャルコンテンツ おかめのこだわり
  • おかめレシピ