納豆はコレステロール0

酸化LDLが危険度を増す!
悪玉のLDLコレステロールを凶暴化させるのが“酸化”。動脈硬化の危険度が大きくなります。
危険増の元凶は活性酸素
リポたんぱくのLDLが血液中で増加すると、血液の濃度が増してドロドロ状態になり、血流が悪くなります。この過程でいちばん問題になるのは、LDLが活性酸素(体を酸化させる働きが強い酵素)によって酸化されることです。
ドロドロ血液の中で、数が増えたLDLは停滞しやすくなり、行き場を失ったLDLは動脈の血管壁の中に入り込みます。血管壁は、血液中よりも活性酸素が発生しやすい場所であることから、血管壁に入ったLDLはほぼ100%酸化LDLに変えられます。
酸化したLDLは異物とみなされ、体を守るための免疫機能が働き出します。白血球の一種の単球が血管壁に入りマクロファージ(貪食<どんしょく>細胞)に変わり、酸化したLDLを食べて処理しようと試みます。
この状態が続くと、マクロファージは酸化したコレステロールを食べ過ぎた状態となり、泡沫細胞(泡のような形状の細胞)に変化します。これらは血管の内皮細胞の内側にたまっていき、それによって動脈壁が押し上げられて、血管内部が狭くなります。この状態を「アテローム(粥状)動脈硬化」と言い、さらに進行すると最後には血管壁が破裂してしまいます。

正常な血管と動脈硬化が進行した血管

もっとよく知る
  • 納豆の栄養価
  • 豆腐の栄養価
  • 納豆はコレステロール0
    • コレステロールって何?
    • 血液とコレステロールの関係とは?
    • 「悪玉」コレステロールと「善玉」コレステロール
    • 酸化LDLが危険度を増す!
    • 自分の身体は自分で守ろう!
    • 外食とコレステロールの関係
    • 大豆ってすごい
    • 納豆ってすごい
    • コレステロール値コントロール
    • 納豆低コレメニュー
  • 薬味と効能
  • 納豆工場見学ツアー
  • 納豆博物館見学ツアー
  • こども研究室
  • 80周年スペシャルコンテンツ おかめのこだわり
  • おかめレシピ