納豆はコレステロール0

血液とコレステロールの関係は?
脂質であるコレステロールは、血液中にどのように存在し、移動するのでしょうか?
5種類のリポたんぱくがコレステロールを全身に運んでいます。
コレステロールは中性脂肪(=脂肪)とともに、血流にのって全身へ運ばれます。しかし、コレステロールも中性脂肪も脂質なので、そのままでは水が主成分である血液には溶けず、単独では移動できません。
そこで、水になじむよう、「アポたんぱく」という特殊なたんぱく質と結合し、「リポたんぱく」という粒子状の物質になって、血液中に存在、移動しています。
リポたんぱくは、カイロミクロン、VLDL、IDL、LDL、HDLの5種類に大別され、大きさや比重、組成が異なります。

中性脂肪が多い

カイロミクロン
最も大きなリポたんぱくで、小腸で合成されます。食品から吸収した脂質(おもに中性脂肪)を、筋肉などエネルギーが必要な組織へ運び、残りを肝臓へ運びます。肝臓で再合成され、VLDLとなります。
VLDL(超低比重リポたんぱく)
肝臓で合成された脂質(半分以上が中性脂肪)を、全身の末梢組織まで運びます。その途中で中性脂肪が分解され、筋肉や脂肪細胞に送られます。残りはIDLに換わります。

中性脂肪とコレステロールが半分ずつ

IDL(中間比重リポたんぱく)
VLDLが分解する過程で、分解速度が遅くなった場合にできるリポたんぱくです。VLDLとLDLの中間の性質があり、動脈硬化を促進しやすいと言われています。

コレステロールが多い

LDL(低比重リポたんぱく)
最も大きなリポたんぱくで、小腸で合成されます。食品から吸収した脂質(おもに中性脂肪)を、筋肉などエネルギーが必要な組織へ運び、残りを肝臓へ運びます。肝臓で再合成され、VLDLとなります。
HDL(高比重リポたんぱく)
肝臓や小腸、血液中で合成され、血液中や動脈壁にたまったコレステロールを回収して肝臓に戻す働きがあります。HDL中のコレステロールを「HDLコレステロール」と言います。
体内のコレステロールの70~80%は肝臓で作られています。
人の血液中に含まれる脂質には、コレステロールと中性脂肪のほかにリン脂質と脂肪酸があり、全部で4種類が存在します。これらの脂肪が、リポたんぱくによって運ばれています。
コレステロール 細胞膜、ステロイドホルモン、胆汁酸の材料になる。
中性脂肪 いわゆる「脂肪」のことで、エネルギー源となる。医学的には「トリグリセリド」と言う。脂肪細胞の中にたくわえられ、食べ物を供給できないなど必要なときに、代謝が速い脂肪酸に分解して利用される。
遊離脂肪酸 中性脂肪が分解されてできた成分。活動のためのエネルギー源として、すぐに使われる。
リン脂質 コレステロールと同じく細胞の構成成分で、水と油の両方に溶けやすい性質がある。ブドウ糖や電解質、炭酸ガスなどが細胞膜を通過するのに重要な役割を果たす。
もっとよく知る
  • 納豆の栄養価
  • 豆腐の栄養価
  • 納豆はコレステロール0
    • コレステロールって何?
    • 血液とコレステロールの関係とは?
    • 「悪玉」コレステロールと「善玉」コレステロール
    • 酸化LDLが危険度を増す!
    • 自分の身体は自分で守ろう!
    • 外食とコレステロールの関係
    • 大豆ってすごい
    • 納豆ってすごい
    • コレステロール値コントロール
    • 納豆低コレメニュー
  • 薬味と効能
  • 納豆工場見学ツアー
  • 納豆博物館見学ツアー
  • こども研究室
  • 80周年スペシャルコンテンツ おかめのこだわり
  • おかめレシピ