安全・環境に関する質問

遺伝子組み換え大豆について
遺伝子組み換えの大豆を使っていますか?
タカノフーズでは、国産大豆、輸入大豆に関わらず全商品で遺伝子組み換え大豆は一切使用しておりません。

PAGE TOP

ゴミ問題に関する質問
納豆の食べごろはいつですか?
タカノフーズの納豆は工場で十分に熟成をかけてから出荷しております。賞味期限内はいつでもおいしく召し上がれます。
納豆の容器は燃やせますか?
自治体により対応が異なりますが、 カップ容器の素材は紙を主原料として使用しておりますので燃えるゴミとして燃やせます。 トレー容器は発泡スチロール素材(ポリスチレンペーパー)を使用しておりますので、 基本的には燃えるゴミとなりますが自治体によっては発泡スチロールは燃えないゴミと分類する場合もあります。
※環境保護、省エネのためにも空き容器は、ぜひリサイクルボックスへ。
紙容器の納豆はありますか?
カップ納豆ではほとんどの製品で紙容器を使用しています。
豆腐容器の分別は?
豆腐の容器と充てん豆腐の帯掛けフィルムはポリプロピレンを、 トップシールはナイロンとポリプロピレンを使用しておりますので、扱いはプラスチックごみとなります。 ごみを出す時はお住まいの市区町村の区分に従って分別してください。

PAGE TOP

添加物について
納豆に入っている添加物はどの様なものがありますか?
納豆には表示に関わる添加物は一切使用しておりません。
たれ・からしの添加物について
たれやからしに旨味・辛味を付与するためにアミノ酸や香辛料等を使っております。
ウコンとは何ですか?
からしに使用されている植物性の黄色の着色料で、 カレーの色の元になっているものと同じです。漢方薬や香辛料のターメリックとして知られています。
「にがり」って何?
「にがり」とは、塩を作るために海水を煮詰め、塩の結晶を取り出した後に残った液体です。 漢字で書くと「苦汁」と書き、漢字のとおりとても苦いものです。 その主な成分は「塩化マグネシウム」という物質で、豆乳のたんぱく質と反応して固める性質があります。 他にも豆腐を固める凝固剤には、硫酸カルシウム・グルコノデルタラクトンなどがありますが「にがり」が一番古くから使われております。 他の凝固剤よりも、豆乳の凝固が急速なため豆腐作りには高い技術が必要ですが、その分、豆の甘みのある豆腐ができるといわれています。
グリセリン脂肪酸エステル、レシチン、炭酸マグネシウムって?
これらは「消泡剤」として使われています。大豆にはサポニンという物質が含まれておりますが、 これは「シャボン」の語源と言われており、泡が出る物質です。豆乳を作る時にすり潰した大豆を加熱しますが、この泡があると、均一に温度が上がらずムラになり、 煮えた所と煮えない所ができてしまいます。そうすると美味しい豆腐はできません。泡をできにくくすることで、均一に加熱するのを助けています。 安全性も高く、グリセリン脂肪酸エステル、レシチンは植物性由来の油の一種。炭酸マグネシウムは岩石や海水にも含まれている塩類の一種で、 全て国が安全性を認めた「食品添加物公定書準拠品」です。
お客様相談室
  • よく寄せられる質問
  • 安全・環境に関する質問
  • その他の質問
  • 80周年スペシャルコンテンツ おかめのこだわり