粒の大きさで選ぶ

  • ひきわり
  • 超極小粒
  • 極小粒
  • 小粒
  • 中粒
  • 大粒
マメ知識
納豆に使われる大豆・・・1970 年代より納豆用の小粒大豆( 茨城納豆小粒)を米国に持ち込み、栽培改良を重ね今日の納豆用大豆があります。 弊社では1990 年代から契約栽培をはじめほぼ同時期から種子開発も手がけております。 現在では国産大豆と遜色ないところまでグレードアップすることができました。
大豆の種類・・・納豆の原料になる大豆は、粒の大きさで大粒、中粒、小粒、極小粒、超極小粒、そして、丸大豆を割ったひきわりに分類されます。 昭和40 年代までは大きめの納豆が主流でしたが、現在は極小粒納豆が人気です。 ごはんとのまぜやすさや食べやすさが極小粒人気の背景になっています。
  • もめん美人シリーズ
  • タカノフーズの納豆ラインナップ
  • タカノフーズの豆腐ラインナップ
  • おかめレシピ
  • おかめのこだわり