納豆はコレステロール0

コレステロール値コントロール
日常生活でチェックしたい項目をまとめました。毎日の健康生活にお役立てください。
食事のとり方
  • 1日3食が基本。食事は同じ時間にとるのが望ましい。
  • 食品からのコレステロール摂取量は、1日300㎎以下が目標。
  • 脂質(油脂)は、質のよいものをバランスよくとる。
  • 食物繊維が多い野菜や海藻類、大豆製品を積極的にとる。
  • 栄養のバランスをとるために、同じような食事内容を続けない工夫を。
    主菜を魚→肉→魚などど交互に変えたり、料理ジャンルを和食→中華→洋食などと食事ごとに変化させる。
  • 洋菓子は脂質・糖質ともに多いので、食べ過ぎないように。
  • 外食の回数を減らす。
この食べ物に注意!適量を守って味わいましょう
コレステロールが多い食品
するめいか あんきも うなぎ たらこ うに たこ イクラ レバー 卵
コレステロール値を上げる食品
肉の脂身 バター マーガリン 生クリーム スナック菓子 即席めん
積極的に撮りたい食品一覧
主食
玄米・五穀・そば
調味料
オレイン酸が含まれるオリーブ油などが良い。
食品・お茶
  • 大豆・・・・・・・・・・・コレステロール値を下げる成分の宝庫。納豆や豆腐も効果的。
  • 玉ねぎ・・・・・・・・・・抗酸化力が強いケルセチンが含まれ、血液をサラサラに。
  • 青魚・・・・・・・・・・・魚の脂質EPAとDHAが血栓を予防。ストレス解消効果も。
  • きのこ・・・・・・・・・・しいたけの成分エリタデニンが有効。しいたけ茶もいい。
  • にんにく・・・・・・・・・低温処理で抽出するアホエンに、血栓を予防する効能が。
  • 海藻・・・・・・・・・・・特有のぬめり成分が、体内の余分なコレステロールを排出。
  • アーモンド・くるみ・・・・動脈硬化の予防に役立つ良質の脂質が多い。
  • 寒天・・・・・・・・・・・成分の約80%が食物繊維。便秘予防や肌荒れ予防効果もある。
  • 赤ワイン・・・・・・・・・ポリフェノールの抗酸化作用で動脈硬化が予防できる
  • ウーロン茶・・・・・・・・カテキン集合体が腸内の余分な脂質を排出。食後に飲むのが良い。

※各食品の効果には個人差があります。

運動の行い方
  • 有酸素運動(ウォーキングなど)と、軽めの筋力トレーニングを組み合わせる。
    食後1時間ほどがベストタイミング。
  • ウォーキングは正しい姿勢で。高齢になってからの転倒予防にも効果あり。
  • ストレッチ自体も立派な運動。毎日行えば、脂質代謝が改善。
コレステロール値を下げるための生活心得
    • 過食・偏食をやめて、栄養バランスのよい食事を!
    • よく噛んで食べ、1食30分はかけましょう。
    • 料理内容をバラエティ豊かにし、食べる量は腹八分目以下に。
    • 簡単に行える運動を始めて、毎日の習慣にします。
    • ストレスをためない生活を心がけましょう。
    • 大声で笑うことも、コレステロール値の低下につながります。
    • 喫煙は動脈硬化の3大危険因子のひとつ。禁煙がベストです。
    • 入浴はシャワーだけで済まさず、湯ぶねにつかりましょう。
    • 肥満はメタボリック・シンドロームの主要因。

上記のような生活を心がけながら、標準体重を保ちましょう。

もっとよく知る
  • 納豆の栄養価
  • 豆腐の栄養価
  • 納豆はコレステロール0
    • コレステロールって何?
    • 血液とコレステロールの関係とは?
    • 「悪玉」コレステロールと「善玉」コレステロール
    • 酸化LDLが危険度を増す!
    • 自分の身体は自分で守ろう!
    • 外食とコレステロールの関係
    • 大豆ってすごい
    • 納豆ってすごい
    • コレステロール値コントロール
    • 納豆低コレメニュー
  • 薬味と効能
  • 納豆工場見学ツアー
  • 納豆博物館見学ツアー
  • こども研究室
  • 80周年スペシャルコンテンツ おかめのこだわり
  • おかめレシピ