納豆はコレステロール0

コレステロールって何?
コレステロールは細胞膜やホルモン、胆汁酸の材料になる資質の一種。身体にとって必要不可欠な成分なのです。
人間の身体の約60両の細胞はコレステロールに守られています。
人間の体は約60兆個もの膨大な数の細胞から成り立っていますが、コレステロールはそれらの細胞を構成する細胞膜の材料であり、細胞膜を強くし、細胞を支える役割を担っています。
また、コレステロールは、生体機能を調節するホルモンの材料でもあり、副腎皮質<ふくじんひしつ>ホルモン、男性ホルモンや女性ホルモンなどの重要な構成成分です。
さらに、食事から取り入れた脂肪などの消化吸収を助ける胆汁酸も、コレステロールを材料として肝臓で作られています。
体内のコレステロールの70~80%は肝臓で作られています。
このように、悪者と思われがちなコレステロールですが、健康を維持するために必要不可欠なものなのです。コレステロールが不足すると、免疫力が低下します。
成人の体内には、約100~120gのコレステロールが存在し、その一部が新しいものと入れ替わることによって、生体機能が維持されています。
健康を保つためには、成人の場合1日1~1.5gのコレステロールが必要とされ、そのうちの70~80%は肝臓などで合成されます。残りの20~30%を食事からとっています。
私たちの体の中のコレステロールは、下のようなバランスで合成・吸収されています。

コレステロールは体のどこにあるの?
人の体内にあるコレステロールは、脳と筋肉と肝臓に各3割ずつ、残りの1割が他の臓器や血液中にあります。
食事からコレステロールを摂取し過ぎると、体は体内で合成する量を減らし、余分なコレステロールを体外へ排出して、コレステロール量が常に一定に保たれるように調節しています。
食事からとる量が多過ぎたり、加齢などで体内の調節機能が低下したりすると、コレステロール量のバランスがくずれてしまいます。そのため、食生活を中心とする自己療養が大切になるのです。
コレステロール
3大栄養素のひとつである脂質のうち、誘導脂質に属する脂質の一種。化学式はC27H46Oで、構造式は亀の甲が連結した形となる。
コレステロールの合成
体内で合成されるコレステロールは、おもに肝臓で作られますが、ほかに、小腸、副腎皮質、筋肉などでも少量が作られています。 コレステロールが合成される時の材料は、脂質や糖分が分子レベルにまで分解されたアセチルC0Aという物質で、その後、15以上の複雑な反応段階を経て、コレステロールが合成されます。
胆汁酸とは?
胆汁酸は、肝臓で作られる胆汁(胆汁酸、コレステロール、胆汁色素、リン脂質、水分からなる消化液。胆嚢<たんのう>で貯蔵されます)に含まれる有機成分のひとつです。 脂質や脂溶性ビタミンの消化・吸収を行うため、その材料となるコレステロールが不足すると脂質代謝にも影響を及ぼします。
もっとよく知る
  • 納豆の栄養価
  • 豆腐の栄養価
  • 納豆はコレステロール0
    • コレステロールって何?
    • 血液とコレステロールの関係とは?
    • 「悪玉」コレステロールと「善玉」コレステロール
    • 酸化LDLが危険度を増す!
    • 自分の身体は自分で守ろう!
    • 外食とコレステロールの関係
    • 大豆ってすごい
    • 納豆ってすごい
    • コレステロール値コントロール
    • 納豆低コレメニュー
  • 薬味と効能
  • 納豆工場見学ツアー
  • 納豆博物館見学ツアー
  • こども研究室
  • 80周年スペシャルコンテンツ おかめのこだわり
  • おかめレシピ