会社情報

一般事業主行動計画(第三期)

タカノフーズグループでは、次世代育成支援対策推進法に基づき、全ての社員がその能力を十分に発揮できるような雇用環境の整備を行うとともに、次世代を育成するために、次のような行動計画を策定します。

グループ各社: タカノフーズ株式会社、タカノフーズ関東株式会社、タカノフーズ関西株式会社、タカノフーズ中四国株式会社
        タカノフーズ九州株式会社、タカノフーズ茨城株式会社、タカノフーズ栃木株式会社

計画期間 平成27年4月1日から平成30年3月31日までの3年間
計画内容
  1. 目標1. 計画期間内の育児休業の取得状況を次の水準以上とする。
    • (1)男性社員:計画期間内に1人以上休業を取得すること
    • (2)女性社員:計画期間内の休業取得率75%以上とする
    • [対策]
    • (1)男性の育児休業を取得推進のため、社内広報誌にて周知する。
    • (2)本人および配偶者が妊娠中の従業員に対し、育児休業制度の説明をおこない拡充する。
  2. 目標2. 計画期間内の所定外労働時間削減のための措置の実施。
    • [対策]
    • (1)月別所定外労働時間の発生原因を分析し、業務改善や効率化に努める。
    • (2)管理部門より所定外労働時間の推移を定時周知し、残業時間の軽減を促す。
    • (3)スタッフ部署については、毎週水曜日をノー残業デーとし、他の部署については、定時退社を促進する。
  3. 目標3. 計画期間内の年次有給休暇取得を促進する。
    • [対策]
    • (1)年次有給休暇の取得促進のために、管理部門より啓蒙する。
    • (2)年次有給休暇取得を促進するよう社内広報誌による従業員への周知をおこなう。
  4. 目標4. 社会人としての「ものの見方、考え方」を理解してもらうことを目的として、若年者に対する就業体験の機会の提供を引き続き実施してまいります。
    • [対策]
    • ・地域の学校との連絡を密に取り、工場見学の受入れ及び、インターシップ(職場体験学習)の受入れを継続して実施する。

タカノフーズグループでは、女性従業員が、さまざまな業務で活躍しております。今後とも、女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定します。

計画期間 平成28年4月1日から平成29年3月31日までの1年間
計画内容
  1. ●タカノフーズ株式会社
    • 目標 総合職(主として、技術系)の女性採用を進め、採用者に占める女性比率30%以上を目標とする。
    • 課題 *総合職 技術系の応募も少なく、女性の技術者が少ない
    • 女性採用比率
  2. ●タカノフーズ関東株式会社
    • 目標 業務職の女性採用を進め、採用者に占める女性比率30%以上を目標とする。
    • 課題 *業務職における女性採用は比率が低い
    • 女性採用比率